ワークショップ「高校生の視点で課題探究をしよう!‐フォト・オブザベーション体験WS‐」

Description

フォト・オブザベーション(観察)は、私たちが日常で何気なく見逃している光景から、美しさや、違和感、人の行動に目を向け、本質を見出す作業で、デザインを実践する上で欠かせないリサーチプロセスです。
今回のワークショップでは、このプロセスを実際に体験し、観察力を鍛えることを目的とします。クリエイティブイノベーション学科の学生がサポートを行う予定ですので、お気軽にご参加ください。

ワークショップ「高校生の視点で課題探究をしよう!‐フォト・オブザベーション体験WS‐」

対象:
高校生

日 時:
12月12日 (土) 13:00 - 15:00

会 場:
インターナショナル・デザイン・リエゾンセンター
東京都港区赤坂9丁目7番1号ミッドタウン・タワー5階 (デザインハブ内)

講 師:
長谷川敦士(本学クリエイティブイノベーション学科教授)

登壇者プロフィール:


長谷川敦士(本学クリエイティブイノベーション学科教授)

「わかりやすさのデザイン」であるインフォメーションアーキテクチャ分野の第一人者。2002年に株式会社コンセントを設立。企業ウェブサイトの設計やサービス開発などを通じて、デザインの社会活用、デザイン自体の可能性の探索を行っている。サービスデザインやインフォメーションアーキテクチャの専門家として、経済産業省「高度デザイン人材育成研究会」(座長)をはじめとした各種委員や革新的イノベーション創出プログラム(COI STREAM)ビジョナリーメンバーなども務める。2020年8月より政府CIO「デジタル・ガバメント技術検討会議」デザインタスクフォースメンバー。
SDN日本支部共同代表。特定非営利活動法人人間中心設計推進機構(HCD-Net)副理事長。情報アーキテクチャアソシエーションジャパン(IAAJ)主宰。
東京大学大学院総合文化研究科博士課程修了(学術博士)。『This is Service Design Doing サービスデザインの実践』(ビー・エヌ・エヌ新社)をはじめ、著書や監訳書多数。


定員:
会場でのご参加:15名

参加費:
無料

主催:武蔵野美術大学


【会場で参加される方へのご案内】
(新型コロナウィルスをはじめとする感染症予防のためのお願い)
現在、予定通りイベントの開催を予定していますが、 皆さまに安全にご参加頂くため、下記注意事項のご確認をお願い致します。
・ 当日朝、検温をお願い致します。(37.5℃以上の場合は参加不可)
・ 体調の悪い方は、参加の自粛をお願い致します。
・ 必ずマスクの着用をお願い致します。
・ 入室時に、手のアルコール消毒をお願い致します。(ご用意しております)
・ ウィルスの拡散状況によっては、直前でも中止の可能性がございます。

Sat Dec 12, 2020
1:00 PM - 3:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
Tickets
会場チケット
Venue Address
港区赤坂9丁目7−1 ミッドタウンタワ 5階 Japan
Organizer
武蔵野美術大学 デザイン・ラウンジ
2,992 Followers